• Yanagisawa Shizuma

ルリゴキ論文のAltmetric数値

最終更新: 7月3日

 最初に論文を出した際、友人からAltmetricという、論文がどれだけ多く関心を引いたかの指標となるツールを教えてもらいました。これには長所短所あるようですが、そこら辺の詳しいところは大学の先生なども解説されているのでここでは触れません。

 今回のベニエリルリゴキ論文の数値はおかげさまで500を超えました。内訳をみてみると、すべてTwitterです。

 前回の論文は100で、Twitter以外にもNewsやblog、Facebookなども含まれています。こちらの論文もTwitterでは結構話題になったのですが、私が全くURLなどのリンクを貼らなかったので、ベニエリルリゴキブリ論文よりはTwitterから得られた数値が低くなっています。私は職業研究者ではないので、数値にあまりこだわりはありませんが、論文がどこでどれだけ紹介されているというのがぱっと見でわかるのはとても助かりますし、面白いです。

32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2本の論文(短報)出版

本日付で、『Fauna Ryukyuana』誌で2本の短報を掲載いただきました。 『与那国島初記録のゴキブリ類2種』 『八重山列島波照間島初記録のゴキブリ類2種』 どちらもそれぞれの島から初記録のゴキブリを記録したものです。研究実績からPDFが見れますので、ぜひご覧ください。 私は「日本のゴキブリ相の解明」を大きな目的として研究を行っており、しっかりとどこにどのゴキブリがいるのか把握することはまさ