top of page
  • 執筆者の写真Yanagisawa Shizuma

リラータサシガメゴキブリ Paranauphoeta lyrata

更新日:5月8日



リラータサシガメゴキブリ Paranauphoeta lyrata (Burmeister, 1838)


【飼育難易度】    ★★★★★ とても容易

【別名】       リラータアサシンミミック 【成虫の大きさ】   およそ20 mm

​【推奨ケースサイズ】 25×15 cm以上 ​【繁殖様式】     卵胎生 ​【セット例】     B​

【プラ壁面歩行】   壁面を歩行できる ​【分布】       マレーシア、インドネシア、フィリピン


【メモ】​

 ヨツボシゴキブリに比べると小型のParanauphoetaです。ヨツボシゴキブリに比べるとあまり飼育されていない気がしますが、かわいらしくていいゴキブリですよ。前胸に二本の白いラインが入るのが特徴です。よく殖え、丈夫な上に綺麗な種類です。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page