top of page
  • 執筆者の写真Yanagisawa Shizuma

ライトキゴキブリ Cryptocercus wrighti

更新日:5月8日


ライトキゴキブリ Cryptocercus wrighti Burnside, Smith & Kambhampati, 1999


【飼育難易度】     ★☆☆☆☆ とても難しい

【別名】        なし 【成虫の大きさ】    およそ35 mm

​【推奨ケースサイズ】  30×20 cm以上 ​【繁殖様式】      卵生 【セット例】      D​

【プラ壁面歩行】    壁面は歩行できない ​【分布】        アメリカ


【メモ】

 日本にはいないキゴキブリ科のゴキブリです。 全体艶のある黒色で無翅。体は楕円形です。朽木中で生活をし、幼虫を長期間育てることが知られています(亜社会性を持つ)。また、系統解析の結果からキゴキブリ科はシロアリに最も近縁であることが示されており、生態の共通点も多くあります。

 飼育は難しく、当方では15匹で飼育を開始して、半年ほどで全滅してしまいました。海外の方曰く、風通しよくて冷涼な環境で飼うといいよ、とのことです。​エサは昆虫ゼリー、コナラなどの朽木をよく食べていました。日本はおろか海外でも飼育しているマニアが少なく、情報がないというのが厄介ですが、逆にどうにかしてやろうという面白さもあります。いつかリベンジしたい。

閲覧数:116回0件のコメント
bottom of page