• Yanagisawa Shizuma

マルゴキブリの採集

最終更新: 3月26日

 少し前、マルゴキブリの♂について書いたところ、そもそもマルゴキブリに出会う回数が少ないというお話を友人よりいただきました。

 時期の関係もあるかもしれませんが、私が採集している感覚だと、マルゴキブリの特に♀は採集難易度はそこまで高くないように思います。


 ほとんどの個体は夜間に樹木に引っ付いている個体を採集しています。


 ♂も同様、樹木に引っ付いていますが、数は♀よりも大分少ないです。

 こちらは高いところにいたマルゴキブリの♂。落としてしまい、逃げられてしまいました。


 石垣島での採集では、2月、3月、12月に確認しています。樹木以外では、倒れた朽木の中から得たこともありますが、これは採集方法としてはあまり参考にならなそうです。


 一番最初にマルゴキブリを見つけたのは2017年に石垣島で行った採集で、100匹以上の幼虫が集まるコロニーを発見しました。腕の太さほどの小さな木でしたが、中が空洞になっており、そこに中齢幼虫がぎっしりと詰まっていました(一部のみ持ち帰り飼育しました)。さすがにこれほどまでに多数の個体が集まっているのを探し当てるのは困難ですが、いい場所を見つければ数匹まとめて得られることも少なくありません。樹液などが出ているところにはよくついている印象です。


 ざっくりとした紹介なので何かの参考になるかわかりませんが、少しでも探す際の指標になれば幸いです。今まであまり気にしていなかったので写真が少ないですが、これからはできる限り多く撮影するようにしてまたご紹介したいと思います。

87回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゴキブリ屋敷​ since 2020

​© 2020 Shizuma Yanagisawa