​コノハゴキブリ Pseudophoraspis nebulosa (Burmeister, 1838)

   【飼育難易度】   ★★★★☆ 容易

 

【成虫の大きさ】

​およそ25~40 mm

​【推奨ケースサイズ】

35×20 cm以上

【繁殖様式】

卵胎生

【セット例】

B​

【分布】

​マレーシア、インドネシア

​【メモ】

 ゴキブリ飼育というマニアックな趣味の中でもまた最高にマニアックなゴキブリです。オスとメスで体色が違います。一度の産仔数を数えたところ63匹で、同じメスが何度か産仔するため、非常によく殖えます。大型のゴキブリなので、ケースは広くとることが重要です。

ゴキブリ屋敷​ since 2020

​© 2020 Shizuma Yanagisawa