キノカワゴキブリ.png

キノカワゴキブリ Capucina patula (Walker, 1871)

   【飼育難易度】   

​不明

 

【成虫の大きさ】

​およそ30~40 mm

​【推奨ケースサイズ】

35×20 cm以上

【繁殖様式】

卵胎生

【セット例】

B​

【分布】

ニカラグア、コスタリカ、コロンビア、

パナマなど

​【メモ】

 野外では樹皮の隙間などで見つかっているようです。とても平たく、少しの隙間でも入り込んでいけそうな体をしていますね。当方では1♀を飼育しただけなので繁殖などについては不明です。維持すること自体は難しくなく、半乾半湿の環境で数か月生存しました。